読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【おそ松さん】十四松のパーカーのルーツを辿る【TGC出演決定!】

こんにちは、のーてぃすみー先輩です。


きたる2016年9月3日、秋冬のコレクションとして開催される<東京ガールズコレクション(以下TGC)>に『おそ松さん』のキャラクターがどうやら参加するようです。

詳細は↓のリンクより

osomatsusan.com

 

そこで今日は、この『おそ松さん』に登場するキャラクター『松野十四松(以下十四松)』が以下の画像などで着用している、極端に袖が長いパーカーのルーツを探っていきたいと思います。

 

 

 

f:id:noticemesenpai:20160901044718j:plain

 

それではいってみよー!

 

 

『十四松について』

まず初めに、『おそ松さん』というアニメ、そして『十四松』というキャラクターについて概観してみます。

おそ松さん』について

TVアニメ『おそ松さん』は、2015年10月から翌年3月まで放送された深夜アニメで、監督には「銀魂」の藤田陽一、キャラクターデザインには「四畳半神話大系」の作画監督などで知られる浅野直之が携わっています。
作風として、脚本はパロディやブラックジョーク満載の所謂ギャグアニメ、作画はキャッチーなキャラクターがパステルカラーで可愛らしく描かれたものとなっています。

『十四松』について

『十四松』は『おそ松さん』の主人公である松野家の六つ子の中の五男という設定のキャラクターです。
性格は活発で無邪気、そして子供っぽさを示すためか、パーカーの袖から手を出さないなどの描写がされています。TGCメインビジュアルでも袖が長いパーカー=ロングスリーブフーディーとでも呼ぶことのできるパーカーを着用しています。

f:id:noticemesenpai:20160901030127p:plain

では、アニメの設定を元にした今回の<TGC>のメインビジュアルで、十四松が着用しているような袖の長いパーカーのルーツとなっているのは何なのか?
その辺を今回は考察してみたいと思います。

直接的な影響があるとしたら、この2ブランド!

1.<Yeezy>

まず第一に影響源として考えられるのはアメリカのラグジュアリーストリート(所謂ハイファッションのストリート版)系のブランド<Yeezy>です。

f:id:noticemesenpai:20160901030151j:plain

 <Yeezy>はアメリカの音楽プロデューサー兼アーティストの「Kanye West」が主宰するブランドで、ブランド名である<Yeezy>は彼のあだ名が由来となっています。

f:id:noticemesenpai:20160901051121j:plain

普段洋楽は聞かないという方でも「村上隆」とのコラボレーションなどで記憶に残っている方も多いと思います


<Yeezy>は去年から今年にかけて、ストリートファッションシーンに最も大きな影響を与えたブランドと言っても過言では無いでしょう。
その主な特徴として、アースカラーやミューテッドカラーなどの落ち着いた色調のカラーパレット、オーバーサイズやボックスシルエット、レイヤードスタイル、スウェット素材の多用、ダメージ加工、などが挙げられます。

ブランドアイコンは<adidas>とのコラボスニーカー。

もちろん極端に長い袖=ロングスリーブも印象的。

 

あの「Kanye West」主宰ということや米国の著名人の間でスニーカーがブームになったこともあり、欧米を中心にその影響は至るところに及びました。(代表的なところを挙げると<zara>など)

今回の『おそ松さん』が出演している<TGC>のメインビジュアルの作成時期を考えると、直接的にしろ間接的にしろ最も大きな影響力を与えたのは同ブランドと言って間違いないと思います。

 

2.<A-COLD-WALL*>

次に考えられるのは英国はロンドンのブランド<A-COLD-WALL*>です。

 

<A-COLD-WALL*>はラグジュアリーストリートというジャンルの走りとも言われる<OFF-WHITE>の「Samuel Ross」が立ち上げたブランドです。

主な特徴として、イギリスの労働階級とワークウェアを元にしたデザイン、オーバーサイズやボックスシルエット、レイヤードスタイル、ミューテッドカラー、スウェット素材の多用、バウハウスをフューチャーしたコレクションなどが挙げられます。

ブランドアイコンはロングスリーブのフーディーと言っていいと思います。

f:id:noticemesenpai:20160901054210j:plain

こちらは知名度では<Yeezy>には及びませんが、「Samuel Ross」に対する期待のためかブランド立ち上げ前から雑誌で取り上げられたり、<Yeezy>にはない、正規の取り扱い実店舗が国内にできたりと、日本での扱いが非常に良い印象があります。そのため目に触れる可能性はこちらも高いと思いました。

そして何よりブランドとしてミューテッドカラーの黄色を多用しているのも今回選んだ理由です。

 

 

ロングスリーブ流行の始まり

最後にこれまでに紹介した2つのブランド=<Yeezy>と<A-COLD-WALL*>や、様々なブランドはどこから影響を受けてロングスリーブのトレーナーやパーカーを採用したのか?

実は<Yeezy>や<A-COLD-WALL*>が発端ではなく。<VETEMENTS>というブランドが火付け役となりました。

f:id:noticemesenpai:20160901054703j:plain

VETEMENTS

<VETEMENTS>はフランスはパリで2014年に立ち上げられた、新鋭ブランドです。

f:id:noticemesenpai:20160901042827j:plain

主な特徴として、ミリタリーやワークウェアなどをベースとしたデザイン、オーバーサイズやパワーショルダーなどの印象的なシルエット、グラフィックの大胆な配置、切りっぱなしなどのユーズド風の加工、などが挙げられます。

去年の大きなトレンドを作ったのは間違いなく<Yeezy>でしたが、その前にある程度のトレンドを形成したのはこのブランドです。

ロングスリーブのスウェットもその一つというわけです

つまり今回の<TGC>の『おそ松さん』のメインビジュアルで『十四松』が着用しているロングスリーブのルーツを辿ると、2014年のパリのコレクションにおける<VETEMENTS>のスウェットシャツだと言うことができそうです!

 

 

  

まとめ

アニメ本編のパーカー(所謂松パーカー)について

今回は<東京ガールズコレクション>のメインビジュアルをメインに話を進めましたが、本記事で紹介したブランドや欧米のストリートシーンがアニメ本編における『十四松』のファッションに影響を与えているかは正直なところよくわかりません。

何故なら、アニメの文脈として幼さや可愛らしさを表現するために用いられる、袖から指をちょこんと出す「萌え袖」の存在、子供の悪癖として「袖に手を突っ込みお母さんに怒られる」というあるあるネタなど。

他にも出処はいくらでも考えられると思います

そもそも『十四松』のパーカーだけが他の六つ子のそれより袖が長いのか?といった問題も残っています。(ちなみに舞台版のビジュアルでは明らかに一人だけ長かったりします)

f:id:noticemesenpai:20160901060330j:plain

 

しかし『おそ松さん』アニメ化発表のタイミング(15年7月)などを考えると影響があった可能性も十分にあると思いますので、一つの可能性として頭の片隅に残して貰えれば幸いです。

おわりに

ブログ初投稿ということもあり、やたらと長文になってしまいました……すみません……

 

*2016年9月10日追記  ヴェトモンの興隆について

f:id:noticemesenpai:20160910183449j:plain

確か半年ほど前に撮った雑誌の画像です、ポパイかEyeScreamだったと思います。

参考になれば幸いです

 

 

ここまでのお相手は、のーてぃすみー先輩でした。

 

ぴーす!